野沢菜つけました

野沢菜つけました

こんにちは。

2日前、野沢菜を漬けました。

収穫は毎年11月上旬

野沢温泉名物「野沢菜漬け」をつくるのは、11月上旬。
トウゴロウでも、昔からずーっと野沢菜を漬けています。

畑の野沢菜も今が採り頃。
多くの家庭が収穫し始めます。

山は今いい感じに紅葉中。

ピンクがかったものが、野沢菜のカブ
これも漬物にします。

普通のカブに比べて辛味が強いのが特徴で、食べ始めるとハマります。


野沢菜洗いは温泉で

続いて、外湯(温泉)にて野沢菜洗い。
野沢温泉村では、毎年外湯で「野沢菜洗いの日」があります。

「外湯で野菜を洗うだと?」と、初めての人には少し不思議な光景かも。

「野沢菜洗いの日」には、一晩かけてキレイに入れ替わった温泉で、人が入浴する前の朝一番から野沢菜を洗うことができます。
仕上げには、真水でしっかりと野沢菜をすすぐのでご安心を。

野沢菜の入浴時間が終われば、お湯を抜いてキレイに掃除するので、夕方には通常通り人間の入浴時間になります。

こうしてみると、実に温泉と生活が深く結びついてる村だと実感します。

野沢温泉の家庭の味

さあ、漬けていきましょう!

「野沢菜漬け」と言っても、家庭ごとに味付けは様々。

塩と唐辛子だけでシンプルに漬ける家庭もあれば、味噌やダシ、秘伝の粉的なものを入れる家庭もあります。

雪が積もる頃には、野沢菜漬けは完成。

冬シーズンには、村の行く先々で野沢菜が出てきます。
宿だけでなく、スキー場の食堂や居酒屋で各家庭の味が楽しめます。
食べ比べして、野沢菜漬け通になってみてはいかがでしょうか。

あとがき

野沢菜は、本漬けと醤油漬けの2種類の漬け方があります。

本漬けが食べれるのは、雪が積もる頃。

醤油漬けは、2日後くらいで食べれるお手軽漬物(浅漬け的なもの)。

今月、中学生の農業体験で醤油漬けを作るので、中学生ウケしそうな味を3つ試作してみました。
数日後に味見してみたいと思います。

この記事を書いた人

CHISATO

トウゴロウの中の人です。1993年生まれ。野沢に住んで18年と3年。ブログ執筆中。
温泉は長風呂派なのに、のぼせやすく、顔を青白くしてダッシュで家に帰ります。
好きな食べ物はエスニック料理で、この夏ついにパクチーを育て始める。