【地元民が解説】野沢の夏ゴンドラと上ノ平高原

【地元民が解説】野沢の夏ゴンドラと上ノ平高原

こんにちは。
暑い日が続き、避暑地を求めてドライブに出かけたくなってきましたね。

今回は、野沢温泉村の避暑地【上ノ平高原】と【夏ゴンドラ】について詳しくまとめました。

これを読めば、楽しく涼しく思い切り、野沢温泉村の夏を楽しめるはず!

長坂ゴンドラとは?

温泉街と上ノ平高原をつないでる

長坂ゴンドラリフト」とは、長坂駅からやまびこ駅まで繋ぐゴンドラのこと。

2020年12月に運行を開始したばかりで出来立てほやほや。
ゴンドラは標高1,417mのやまびこ駅まで向かいます

全面ガラス張りで景色を独り占め

大きなガラス張りの空間になっているため、どこからみても美しい風景が広がります。
乗り心地もかなり良いです。

ゴンドラは10人乗りで、のびのびとした空間。
私が乗った時は空いていて、1グループ1台で乗れる感じでした。

輸送時間は最速約8分、景色をみてたらあっという間。
一種のアトラクションを楽しんでる感覚で乗れます。

オススメポイント!

①【床面ガラス張りのゴンドラ】

長坂ゴンドラの中に、2台だけ特別仕様のゴンドラが運行しています。

その名も「スケルトンゴンドラ」!!(勝手にこう呼んでます)

一般ゴンドラとの違いは、床面がガラス張りになっているところ。

自分の足の真下に景色が広がり、ワクワクが止まりません。
高いところが苦手な方は要検討ですが、私的にはかなりオススメ。

スケルトンゴンドラは、夏営業限定かつ、2台限定です。

【スケルトンゴンドラに乗った詳しい感想】はこちら

②【期間限定ナイトゴンドラツアー】

長坂ゴンドラのもう一つの見所、期間限定【ナイトゴンドラツアー】

空気の澄んだ野沢温泉村だからこそ見える美しい星空。
晴れた日の夜に、標高1400mから眺めたらきっと忘れられない思い出になるはず。

ゴンドラ到着後には、天体望遠鏡を使用したガイドツアーもあるみたいですよ。

期間限定のイベントとなっているので、予定が会う方は、ぜひ参加してみてください。

ナイトゴンドラは、期間中の土曜日+お盆などの連休の営業なので日にちは要チェック。

ナイトゴンドラツアーの詳細はこちら

上ノ平高原とは?

長坂ゴンドラリフトに乗ると、やまびこ駅のある【上ノ平高原】に到着します。

上ノ平高原とは、標高1,400mに広がる自然豊かな高原です。

夏期営業中は、自然散策やピクニックなどが楽しめます。

冬は、【上ノ平ゲレンデ】と呼ばれ、ファミリー向けの広い初心者コースになっています。

オススメの過ごし方!

①自然散策が最高

美しいブナの原生林
ジブリっぽい道

↑上ノ平高原には、いくつものウォーキングコースがあります。

場所によって所要時間、歩きやすさも違うので、時間や気分に合わせて選んでみるのもいいですね。

特に私のオススメは、小毛無展望台コース】
ゴンドラを降りて、小毛無展望台(標高1,450m)へ10分ほどで行けるコース。

ガチの登山靴は不要ですが、コースにより足場が悪い所もあるので、歩きやすい靴がラクです。

小毛無展望台
展望台から見た野沢温泉村

↑快晴の日には、北アルプスまでみえます。

ウォーキングコースについて詳細はこちら(外部サイト)

②標高1,400Mでピクニック

今年、上ノ平高原の中に新しく出来上がった上ノ平ピクニックガーデン
標高1,400メートルの大自然の中、気軽にピクニックができます。

【手ぶらOK】ベンチ&テーブルが無料で使える!

ピクニックガーデン内には、無料で使えるイス・テーブルが設置されています。
なんかプチセレブっぽい雰囲気でピクニックが楽しめそうです。

しかも、バリエーションが豊富。
お好みのものをどうぞ!

数が限られているので、混雑時は先着順になりそう。
私が行ったときは、約8箇所置いてありました。

ちなみに、レジャーシートの貸出もあったので、ホントに手ぶらピクニック出来ちゃいます!

ランチは【キッチンセアボス】のテイクアウトが◎

ランチは、手作り弁当もいいけれど、レストランもバッチリありますよ。
場所は、やまびこ駅のすぐ側!

ピザやラーメンなどのしっかり系の食事から、サンドイッチやオシャレドリンクなどの軽食メニューも充実。

さらに、お酒も充実しているので、大自然で昼間っからビールできますよ!

もちろんキッチンセアボスで買ったものは、テイクアウトOK!

ぜひ、ピクニックガーデンで景色を眺めながら食事を楽しんでください。

お会計、食事の受け取りはここから。
キッチンセアボス内の席

座席数も多く、屋内でものびのび食事ができます。
(暑い日は休憩がてら屋内で食事もアリですよ!)

【ピクニックガーデンでビール飲んだら最高だった話】はこちら。

ゴンドラは10月31日まで毎日運行

長坂ゴンドラの夏営業は7/3(土)〜10/31(日)毎日運行予定です。

営業時間は、9:00〜16:00(下り最終 16:30)

強風や悪天候の日は、ゴンドラが運休することもあるのでご注意ください。

料金はいくら?

長坂ゴンドラの料金は以下の通り。

券種おとなこども
ゴンドラ片道券1,5001,000
ゴンドラ往復券2,5001,500
ナイトゴンドラツアー3,0002,000

この他に、ペットや荷物、マウンテンバイク分の料金などもあります。

さらに詳しい料金形態はこちら(外部サイト)。

ゴンドラ乗り場の駐車場は無料

長坂駅近くには駐車場(日帰り専用)もあり、無料で利用できます。

トウゴロウから長坂駅まで3分ほど徒歩だと12分ほどでつきます。

駐車場について詳しくはこちら(外部サイト)

以上、野沢の夏ゴンドラと上ノ平高原の、地元民解説でした。

ぜひ、お出かけください。



この記事を書いた人

CHISATO

トウゴロウの中の人です。1993年生まれ。野沢に住んで18年と3年。ブログ執筆中。
温泉は長風呂派なのに、のぼせやすく、顔を青白くしてダッシュで家に帰ります。
好きな食べ物はエスニック料理で、この夏ついにパクチーを育て始める。