中学生の宿泊体験学習

中学生の宿泊体験学習

こんにちは。

先日、中学生が自然体験学習で泊まりに来てくれました。
2泊3日で、野沢温泉村の自然や文化を体験しながら一緒に過ごしました。

今回はその様子をお伝えします。

つる細工体験

まずは、野沢温泉村の伝統工芸【つる細工】作り。

つる細工は、村内でよく目にする馴染みのある工芸品です。

↑完成品はこちら。

さすが中学生、編み方のコツを掴むのがはやいはやい。
仕上がりの形をイメージしながら、器用にカゴを編んでいました。

色のついたつるもあり、カラーバリエーション豊富。
それぞれ好きな色でデザインし、個性豊かで素敵な作品が出来上がりました。

農業体験

次は、農業体験!
今回は、野沢菜の醤油漬けを作りました。
野沢菜の収穫→洗い→味付けまで一通り自分で行います。

出来上がった漬物は、記念にお土産として持ち帰り。
みんな、味はどうだったかな?

おやき作り体験

続いては、長野県の郷土料理【おやき】作り。

長野でおやきは、土産店やスーパーで売っています。
また、おやき専用の粉も売ってるので、家庭でも作れます。

↑自分のおやきににはマークを書いてもらいました。

やっぱり、蒸したてアツアツのおやきが一番美味しい!

あとがき

宿の仕事を始めてから、年に数回、小中学生の団体が自然体験学習で泊まりに来てくれます。

子供たちとの時間は、毎回賑やかであっという間。
毎回楽しませてもらってます。
これからも、野沢温泉と宿業を通して小中学生との交流が続くことを願ってます。

絵が得意な子に、似顔絵を書いてもらいました。
気を使ってもらい、かなりの美男美女にしていただきました。
ありがとう!

この記事を書いた人

CHISATO

トウゴロウの中の人です。1993年生まれ。野沢に住んで18年と3年。ブログ執筆中。
温泉は長風呂派なのに、のぼせやすく、顔を青白くしてダッシュで家に帰ります。
好きな食べ物はエスニック料理で、この夏ついにパクチーを育て始める。